FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り法螺貝

近くの骨董リサイクルショップが年末半額セールとのことでしたので出かけてみました。
着物の掘り出し物あるかな~と店内を徘徊していたら、大きな貝を見つけました。
半額で2000円、安いんじゃない!?ということで買って帰りました。
お家で山伏用の法螺外貝(ぶぉ~っと吹くためです)に加工しようとの試みです。
山伏用法螺貝は専門のお店で買うと大変お値段が良いのでよく自作するんです。

そしてこちら、
TS3R0138.jpg

じゃ~ん!!
でっかいでしょ!


世界最大といわれるアラフラオオニシガイ、しかも大型サイズ!
全長60cm越えです、左下の通常サイズ法螺貝が随分小さく見えます。
(ちなみに真ん中下はついでに作りかけの最小サイズ)

吹き口はワイン瓶の首を切って取り付け、飾り紐と漆調塗料で仕上げます。
漆調塗料が乾いたら掛け紐を結わえて完成です。

音はやっぱり太くて大きいですよ!

詳しい製作法はいつか書きますね。

しかし法螺貝は音が大きいので練習場所がなく、一向に上達の気配なしです。。



12113171_1168054483_51large[1]
こちらは自作法螺貝の数々、
作業で一番大変なのは、貝の磨きですね。

スポンサーサイト

ブータン国王夫妻来日

世界で唯一チベット仏教を国教とする国、ブータン王国。
GDPが日本の20分の1といわれる国民の95パーセントが「自分は幸福」と感じているそうです。
重要視する価値観は、お金でも健康でもない。人間関係、隣人関係、家族関係の平和と交流だそうです。

最近ブータン国王で行われた国家的な式典で、この若いブータン国王は、用意された玉座にほとんど座ることなく、その行事に参加している国民の間、とくに子供たちと一緒に座り、終始国民とじかに触れ合っていたそうです。
「わたし(国王)は、世界の支配者のようにではなく、国民の兄弟のように、また親のように、また息子のようになりたいのである」と演説されたそうです。
国の政治も国民もすべてが思いやりとお互いさまの助け合いで成り立っているんですね。

テレビで拝見しましたが、とても素敵な国王ご夫妻ですね。
当たり前ですが、民族衣装が大変お似合いでした。

こういう場面でいつも思うのは、日本人は着物文化を捨ててしまっているなぁということです。
いわば民族のアイデンティティの衣食住のうちの一つを捨ててるんですね。
国王夫妻を出迎える日本人のスーツ姿がなんとも滑稽に、そして偏狭に見えてしまうのです。

私は普段も着物で過ごすよう心がけておりますよ。
ウールの安いリサイクル着物でも羽織って帯を締めると、なんだか足りない何かを取り戻したような気分で、大変気分が良いものです。
なんだろう・・日本人らしさかな。

ブータン国王のように力強く、優しく、懐深くありたいですね。
今からの日本が一番お手本にしてゆくべき御国ですね。

TR2011101300120[1]
先月13日、ブータン西部プナカで結婚式を挙げたブータン国王夫妻のお写真です。

しかしブータンの着物は男ものも華やかで良いですね~。
日本では男の着物は地味でいなけりゃ、「あんた役者かね。」とか周りの目もうるさいです。
昔の日本男着物はとても華やかだったそうです。
普段着なら着方も柄も自由がいいじゃない!
なんだかそれのが健全な気がします。



思いやり、助け合い

先日、「求菩提山と英彦山修験道との接点」という内容で、求菩提資料館にて市民歴史講座が行われました。
講師は元駒澤大学教授、文学博士・長野覚氏です。
長野覚先生は現在、日本山岳修験学会顧問でもいらっしゃいます。
英彦山の行者の末裔の方でもあるそうです。
本題に入られる前に、教授時代に学生たち数十名を連れて北上山地最高峰の修験道霊山・早池峰山に登られた際のエピソードをお話しくださいました。
その地で先生は山岳信仰に育まれた、宮古の人々の思いやりと助け合いの心に感銘されたそうです。

思いやり、助け合い、お互い様、、今からの時代にとってとても大事な言葉であり、精神ではないでしょうか。

PB120481.jpg
左、長野覚先生

お久しぶりでございます。。

去年の九月から・・約1年ぶりのブログでございます。
。。。。

はい、サボってました。

ゴメンナサイ。

この一年いろいろと体験させてもらいました。
楽しいこと、嬉しいこと、不思議なこと、身につまされること、そしてちょっぴり悲しいこと。
総体的には良い一年と言えるかな!?

いろいろありすぎる中から、お気軽なものを少しずつアップしていこうかなと思いましたので、再開です!

え~と、どこから始めましょうか。。



では、平成23年元旦、蔵持神社参拝時の「まるひげ」で再開です!

P1011033.jpg
寒いのか、熱いのか分からないところが、まるひげらしいですね。









夏の王城院

やっと涼しくなったと思いきや、ここんところ蒸しますね。
今年は夏の王城院もとっても暑い、熱かったです!

盆の施餓鬼供養及び不動護摩には東京より師匠の朋友、明順先生がブラジルのお弟子さん二名を伴って駆けつけてくださいました。
先生は今年断食行20日間の荒行をされたそうです。
いつも大変な荒行を実践されている先生ですが、風貌も(ゴメンナサイ)性格も漫画マカロニほうれん荘のきんどーさんを思わせるたいへんお茶目な先生で、王城院のメンバーも一年ぶりに明順先生に会えるのを心待ちにしておりました。
明順先生は古武術、剣術の先生でもあり、ヨーロッパなど海外にも道場をもたれておりまして、ブラジルのお弟子さん達は武術のお弟子さんであり、修験道のお弟子さんでもあります。
そのお弟子さんたちは護摩作法参加未体験ということで、初参加するなら王城院の護摩の迫力を体験するのが良いとの明順先生のご判断で今回同伴されたとのことでした。
日本語は話せないお弟子さん達でしたが大変勉強熱心で、般若心経も真言も立派に唱えられておりました。
王城院のメンバーも負けじと頑張り、行者の魂が一丸となって熱い熱い護摩修法となりました。
P8150709.jpg
・霊峰貫山をバックに施餓鬼作法前(クリック拡大)
P8150781.jpg
・猛暑にプールが活躍しました
 中央が明順先生(クリック拡大)
DSCN1604.jpg
行者も護摩焚き後パンツ一丁で飛び込みます(クリック拡大)


前日には磨崖仏で有名な福岡県田川郡香春町にある寺院、弘法院の施餓鬼に参加させていただきました。
ooiwa.jpg
・大岩弘法院磨崖仏
 大岩には梵字と虚空蔵菩薩、金剛薩捶を祀っています。
 上部には「金剛界」、下部には「胎蔵界」を示す洞窟があります。
P8140667.jpg
・弘法院の賢修先生(中央)と、まるひげ、英俊(クリック拡大)

賢修先生はお若いながらも教学を立派に修められており、弘法院の法要に参加させていただく度にいろいろと教えてくださり、勉強させていただいてます。
そして、音楽の才能も豊かで法螺(ほら)と太鼓の達人であり、王城院の護摩作法にも度々参加いただいて素晴らしい音を添えてくださいます。
ちなみに私は完全なる楽器音痴でありまして、今生で克服できるのかが課題であります。。




プロフィール

ジュリー&まるひげ

Author:ジュリー&まるひげ
右・ジュリーこと:祐峰です。
 30代後半
映画と音楽が大好き。
中年期を迎え、不動明王体型です。。

左・まるひげこと:峰博です。
 20代中盤
尻すぼみな会話が得意。
毛が濃ゆい。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。