FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施餓鬼会(せがきえ)つづき

ジュリーです!

8月15日(第3日曜日)に平成二十二年度、大施餓鬼会が王城院護摩堂にて執り行われます。
http://www.kuramochiyama.jp/?page_id=1449


細かな部分では諸説、相違ございましょうが由来について書いてみます。

お盆の由来
お釈迦様の十大弟子で神通(じんつう)第一(だいいち)(人間の思慮でははかれない、不思議な霊妙自在の力が最も優れる者)と称される目連(もくれん)尊者(そんじゃ)が、ある日、亡くなった母親がどうしているかと、神通力を使って視てみました。
すると、どうしたことでしょう、母親は餓鬼道の世界に落ち、体は痩せこけ、お腹だけ膨らませて、口に入れようとする食べ物はおろか、水さえも燃え上がり飲食できず、もがき苦しんでいるではありませんか。
驚いた目連尊者は、何とか母を救う手だてがないかお釈迦様に相談しました。
するとお釈迦様は「お前の母の罪はとても重い。生前は人に施さず自分勝手だったので、その結果、餓鬼道に落ちたのだ、多くの僧が七月十五日(旧暦)に九十日間続いた雨季の間の修行を終える、ご馳走を用意して経を読誦し、心からおもてなしすることによって、母親は餓鬼道の苦しみから救われるだろう。」と、言われました。
 早速、目連尊者は何百人というお坊さんを供養しました。
そして、神通力で母親の様子を見てみると、母親は餓鬼道より救われ、ニコニコと微笑んでおられました。
IMG へのショートカット
施餓鬼供養の由来
施餓鬼供養の由来は「求(ぐ)苦(く)焔(えん)口(く)陀(だ)羅(ら)尼(に)経(きょう)」というお経に説かれています。
お釈迦様の十大弟子で多聞(たもん)第一(だいいち)(聞くことに最も優れる者)と称される阿難(あなん)尊者(そんじゃ)が、静かな場所で坐禅瞑想していると、焔(えん)口(く)餓鬼(がき)という鬼が現れました。
痩せ衰えて口から火を吐き、髪は乱れ、落ち窪んだ目がらんらんと光る醜い餓鬼でありました。
その餓鬼が阿難に向かって「お前は三日以内に命を落とし、我と同じ餓鬼道に堕ち、私のように醜い姿に生まれ変わるだろう」と言いました。
驚いた阿難は、どうしたらその運命を逃れられるかと餓鬼に問うたところ、
「そのためには、死後餓鬼道に堕ち苦しむ人々、現在苦難にあえぐすべての人々に対して飲食(おんじき)を施し、三宝(仏・法・僧)に真心から供物を捧げれば、わしも苦難を脱することができ、お前の寿命も延び、天上界に生まれ変わることができるだろう」と言いました。
しかしそのような金銭がない阿難は、お釈迦様に助けを求めました。
するとお釈迦様は『加持(かじ)飲食(おんじき)陀羅尼(だらに)』という作法を示され、「これを一心に唱え、祈れば、少量の食べ物が沢山になる。これを無数の餓鬼に施し、空腹を満たさせなさい。こうして供養すれば多くの餓鬼が苦身を逃れ天上に生まれかわれよう。また、その施主は寿命が延び、仏の道を悟る近道にもなるのだよ」と教えられました。
阿難がそのお言葉通り、早速供養を行いますと、阿難の生命は延びて救われました。
これが施餓鬼の起源とされます。
anan-1-3.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ジュリー&まるひげ

Author:ジュリー&まるひげ
右・ジュリーこと:祐峰です。
 30代後半
映画と音楽が大好き。
中年期を迎え、不動明王体型です。。

左・まるひげこと:峰博です。
 20代中盤
尻すぼみな会話が得意。
毛が濃ゆい。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。